2014年6月24日
苦労が増えると白髪が増えるというウワサについて
よく、「苦労をすると白髪が増える」という話を耳にします。実際に、私の周りでも急に白髪が増えたりする人がいて、それを見ると「ストレスがすごいんだろうな」とか、「苦労しているんだろうな」という感想を持ちます。

でもこの話、本当にその通りなんでしょうか。逆に言えばどれだけ辛そうな人も白髪じゃなければ苦労をしていないという話になってきますし、苦労している人だったら子供でも白髪だらけになってしまうことになります。大人と比べるのはまたちょっと違うのかもしれませんが、苦労している学生とかがいるのも事実です。それこそ、大学入試などで勉強をすごく頑張っている子は、十分苦労しているとも言えるでしょう。でも白髪になったりはしてませんよね。それに、私だって他の人に比べたらこれまでの人生で十分苦労してきたと思いますが、白髪なんて生えていません。だからこの「苦労が増えると白髪が増える」という話、結局のところ噂の域を出ていないのかなと感じます。

調べてみると、確かにこの噂は至るところで囁かれている噂ではあるものの、医学的根拠は全くないということです。現在のところ見つかっていないだけなのかもしれませんが、少なくとも今現在の段階では「噂に過ぎない」ということです。結局白髪は加齢などが主たる要因であって、ストレスやら苦労やらっていうのはなんの根拠もない、根も葉もない噂にというわけです。

ただ、その割にはやたらと広まっているんですよね。一説によると、ベルサイユの薔薇でアントワネットというキャラの髪の毛が白髪になってしまうシーンの印象が強いんだとか。本当かどうか知りませんが、アニメの影響力って意外と大きいのですね。